カジノ解禁で日本の治安はどうなる?

⒈日本の顧客を相手に対してサービスを提供するわけではない

カジノの解禁によって日本の治安が悪くなってしまうという可能性は存在します。
なぜカジノの解禁によって日本の治安が悪くなってしまう可能性が存在するのでしょうか。

これは、日本のカジノがどのような目的で開催されるのかということを理解するところから始めなくてはいけません。
そもそも、結論から述べるとカジノを開催する目的というのは外国人からお金を集めるために行われるという側面が非常に大きいという事実があります。

言い換えると、日本の顧客を相手に対してサービスを提供するわけではないということをまず前提として理解しておかなくてはいけません。
当然ですが、利益を生じないものに対して投資を行うわけにはいきません。
大量の利益を期待できるから、カジノを開催しようと提案されているわけです。

⒉数兆円という単位で取引が行われるようになる

元々、こういった大規模な娯楽施設を提供する提案が行われたのは、外国人観光客などを相手とした大規模なサービスを提供することを前提に考えられていたからです。

つまり、外国人観光客の観光スポットとしてこういった娯楽施設を提供するという案が提案されたわけです。
世界的に見ても、ギャンブル性の強い施設を提供することは、非常に大きなお金を生み出すことに繋がります。

こういったお金は、数億円といった単位ではなく数兆円という単位で取引が行われるようになりますので、日本国内の市場規模を一気に大きくできるという可能性があります。

しかも、日本国内からの需要だけではなく、海外からの需要を獲得することもできますので定期的に外国から観光客を連れてくることもできるようになります。
それだけで大きな市場規模を形成することができるようになるわけです。

⒊周辺地域の治安は悪くなってしまう可能性が高い

実際に、日本のカジノでは日本人をこういった娯楽施設で遊ばせないようにするための法整備を考えられています。
参加すること自体ができないようにしようと考えているため、外国人専用の娯楽施設として提供される可能性も否定することはできません。

当然ですが、このような状況下になると海外から多くの外国人観光客が訪れるようになりますので、周辺地域の治安は悪くなってしまう可能性があります。
特に、ギャンブルで一発大きなお金を当てようと考えている人たちが、こぞって寄ってくるようになってしまうと、そういった目的のために犯罪が増えてしまう可能性もあるわけです。

具体的には、窃盗や強盗などが周辺地域で起きる可能性も考えておかなくてはいけません。
もちろん、その対策として所得をある程度持っていないとギャンブルを行うことができないなどといった対策も考えられています。

しかし、そういったルールを知らない人たちが、日本にこういった娯楽施設が存在すると勘違いしてやってくるということを否定することは難しいのです。
強盗や窃盗といった現地調達の手段で、ギャンブルの費用を稼ぐことも可能性もあります。

ですから、当然日本の治安は悪くなる可能性があります。
こういった悪い可能性を排除するために現在様々な議論が行われているわけです。

オンラインカジノで稼ぐ!初心者のための安心スタートガイド